読むvs聞く。オーディオブックってどうなの?

オーディオブックについて 読書
この記事は約3分で読めます。

こんにちは。クイナです。

『オーディオブックって実際どうなの?』というテーマでお話していきます。

結論、「読む」と「聞く」で理解力に差なし!(参考論文)

本の内容を理解する上でどちらも変わりないということなので、好きなほうを選べばオッケーですね。

クイナ
クイナ

オーディオブックが気になっていたので試してみようかな♪

音声コンテンツが普及していく中、オーディオブックの可能性が広がっていきますね♪

それではもう少し詳しく見ていきましょう。

\1冊無料を試してみる/
スポンサーリンク

【読むvs聞く】理解力に変わりなし

ヘッドホンを装着した男性

本を読むのと聞くのとでは大差なしということですが、研究内容をもう少し詳しく見てみますか。

  • 参加者はニューヨークの大都市圏から121名の男女
  • 25歳〜40歳までの大学教育を受けた成人
  • ノンフィクション小説から出題

⬆大まかな内容を出してみました。

クイナ
クイナ

研究の方法って難しいですね(笑)

もう少し簡単に言うと、

  1. 電子テキストを読む
  2. オーディオブックで聞く
  3. その両方を活用

この3グループに分けて小説のクイズを行った結果、点数に変わりなしだった!とのこと。

おもしろい結果ですよね。好みにあったものを選べばOK

『聞く』可能性について

耳が大きい犬

Twitterを見ているとおもしろいツイートを見かけました。

『シャワー中の音声学習』
私にはちょっとした衝撃でした。なるほど、そういう時間の使い方があるのかと。

ほかにも時間を有効に使っている人が多いみたいですね。

  • 運転している時間
  • 料理をしている時間
  • お風呂の時間
クイナ
クイナ

手は空いていないけど、耳が空いてるぞ♪

活字慣れしていない人や目が疲れている人にもおすすめ♪

生活の中に『本を聞く習慣』を取り入れるとおもしろそうですよね。

使い分けるとさらに便利

泳ぎながら読書をする男性

自分の好みや時間によって使い分けると良さそう♪

アグーぶたくん
アグーぶたくん

どうしても耳ではなく活字で!

⬆このようなときってありませんか?

◎たとえば、国語の授業を思い出してみてください。

国語教師「先生が教科書を読むので目で追ってくださーい」

⬆この時間って正直ムダな気がします。私は先生の声を聞かずに読み進めてしまう人でした。(笑)

クイナ
クイナ

自分で読んだほうが早いよ。

私と同じように、どんどんページをめくっていくクラスメイトを何人も発見。みなさんも同じ経験があるかと思います。

これはあくまで時間効率の話です。決して先生を否定しているわけではありません。(笑)

どうしても自分のペースで活字を追いたいときってありますよね。オーディオブックだとそれができません。

そういうときは『目で読書』

一方で、手が空いていないときは『耳で読書』

この2つの使い分けができると時間の有効利用できそうですね♪

まとめ

【読む vs 聞く】オーディオブックってどうなの?についてまとめました。

  • どちらも理解力に差はなし
  • 使い分けができると時間の有効活用になる

⬆ポイントはこの2つです。

私は基本的に目で読書派です。あなたはどちら派ですか。

クイナ
クイナ

どちらも派になろう♪

手が離せないときに耳で読書、または、Voicyのラジオもいいかもです。オーディオブックを試してみると意外とそれが習慣になるかもしれませんね♪

クイナ

\1冊無料を試してみる/
スポンサーリンク
スポンサーリンク
読書
スポンサーリンク
\シェアする/
\Follow me/
kuinablog

コメント