相手の気持ちを考えすぎたらコミュ障になってしまった。

コミュニケーション障害 暮らし
この記事は約5分で読めます。

こんにちは。クイナです。

人間関係において相手の気持ちを考えるって大切ですよね。
自分勝手の人はすぐに嫌われちゃいます。

細心の注意を払って相手を思いやる。
人間関係を良好に保つにはそう思っていました。

結論→相手の気持ちを考えすぎるあまり、何もできなくなった。

相手の気持ちを考えすぎて何もできなくなるんですよね。

クイナ
クイナ

今言ったことで気を悪くしてないかな。

クイナ
クイナ

どんな言葉をかけるべきなんだろう。

⬆色々と考えすぎてしまって、会話ができない状況になってしまいます。(笑)

いっそのこと、

「喋る必要ないよね。」

と思うほどコミュニケーションが苦手に。

なぜコミュ障に陥っているのかを私なりにまとめてみます。

私と同じように悩んでいる方もいると思うので、それを言語化してみようと思います。

スポンサーリンク

極力気を悪くさせたくない。

人との会話で、相手が嫌がることは言いたくない性格です。
誰しもがそう思っているはずですが、それが過剰に働いてしまっています。

相手の気持ちを第一優先に考えて、自分の気持ちは後回しでいいという感じ。
思い切って伝えたほうが改善されるはずの案件でも、黙ってやり過ごすことも多々。

改善嫌な気持ちにさせない

改善よりも嫌な気持ちにさせないことを優先して、何も言えなくなるんです。

これってなかなか深刻ですよね。

アグーぶたくん
アグーぶたくん

改善に努めたほうが相手のためにもなるのでは?

たしかに、改善可能であれば指摘するべきです。

相手の気持ちを考えるているなら、ちゃんと言うべきことなのに。
でも、私のような人間は、今この瞬間の気持ちを考えてしまうんです。

なんだか矛盾してますよね。
本当に相手の気持ちを考えているのか。(笑)

ちょっとでもイラッとさせたくないし、落ち込ませたくないし。
普通の何気ない会話でも、

クイナ
クイナ

黙ってたほうがいいか。

⬆このように思う性格になってしまいました。

「沈黙なんて耐えられない!」

だとか、

「しーんってなるのが嫌!」

って言う人いますよね。
その気持ちは十分にわかります。わかっているつもりです。

でも私の場合は、

「沈黙バンザイ!」

なんです。(笑)

いよいよ末期な気がしますが、本当にコミュニケーションが苦手です。

シーサーくん
シーサーくん

それって本当に相手のためなん?笑

沈黙バンザイって本当に相手のためなんでしょうか。(笑)

相手が話しかけてこないでオーラをぷんぷん出していれば話は別ですが、会話を繋いだほうがいい場面でも沈黙オッケー! なスタイルなんです。

沈黙が心地よくて、何も考えずにいられる感じです。
会話をする時って頭を使うじゃないですか。その頭を使う労力が嫌です。

相手から話しかけてきたら、もちろん答えますよ。
でも私からはほとんど話題を振りません。完全なる末期ですね。(笑)

ここまで来たら、いよいよ相手のためではないぞ? と思えてきたんです。

相手の気持ちではなく、自分の保身に走っているだけでは?

はじめに言っておきたいのは、相手の気持ちを思っているのには間違いありません。

言葉一つひとつを考えて口から出しています。

言葉が口から出るまでに、頭何周してるのかわからないくらい考えます。(笑)

クイナ
クイナ

よし、これでいいよな。いや待てよ。ダメだ。もう少し言葉を選ぼう。

⬆とにかく頭をグルグルしてるんです。
バカ全開ですよ。(笑)

素直に好きといえばいいのに、「月がきれいですね。」と分かりづらい告白をした夏目漱石さんくらい頭がグルグルしてる。

ごめんなさい。偉大なる人を例に出して自分を棚に上げました。
どれを取っても遠回りな言葉になってしまうんですよね。

結局のところ、自分の発言で自分を陥れることを嫌ってるんです。要するに、コミュ障になっている原因は自分のためでもあるということです。

言葉一つで信頼を無くすことだってあるじゃないですか。
それを回避したくて、喋らないほうがマシ! になっているんですよね。

ムダに喋らない方が居心地がよかったりします。自分のテリトリーを守れるというか、波風立てずにアンパイにやり過ごせるというか。

相手の気持ち:自分の保身=6:4

比率で言えば6対4くらいだと思います。
私の場合は4対6もしくは、3対7かもしれません。(笑)

『出る杭は打たれる』ということわざがあるように、極力発言はせずに打たれないようにしているのが、コミュ障の要因かもですね。

まとめ

結論としては、

相手の気持ちと自分の保身も大切→コミュ障に陥いる。

⬆私の場合はこれです。
自己分析をするとこうなりました。

みなさんの中にも同じ人がいるのではないかと思います。

コニュニケーションの中で顕著に出るのが、仕事のときですかね。
仲間内や友だちどうしなら大丈夫でも、仕事となると黙り込んでしまう。

同調圧力も相まって、極力発言しないようにしてしまうんです。みんなと同じようにしておけば安心ですからね。

また、恋愛においてもそうです。

思い切って告白をしたいのに、今の関係が壊れたら? とか、嫌われたらどうしよう、と保身に走ってしまいます。

その先を行くには言葉にする必要があるのに伝えられず。

『相手の気持ちを考える+保身を多少捨てる』

⬆これがコミュ障を脱する方法ですね。

私のように、うまくコミュニケーションが取れないという方は、一度自分の保身を捨ててみるのはどうでしょうか。

クイナ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
暮らし
スポンサーリンク
\シェアする/
\Follow me/
kuinablog

コメント