NFTや暗号資産の守り方。オフライン保管!【ハッキング対策】

NFTや暗号資産の守り方。オフライン保管!【ハッキング対策】 NFT
この記事は約9分で読めます。
クイナ
クイナ

ハッキングからNFTや暗号資産を守ろう!

これからますますNFTや暗号資産を持つ人が増えてきます。

それをいいことに漬け込んでくるのが悪質なハッキングです。ハッキング被害のツイートが後を絶たちません.....

⬆︎このようにNFTが盗まれたり、人気NFTコレクションのDiscordが乗っ取られ、あたかも公式から出された情報だと思わせて、詐欺のURLを踏ませるといった行為が発生しています。

そもそも論として、オフラインで保管できるハードウォレットを購入するのもいいですが、その前に『簡単にURLを押すな!』です。

URLからがすべてではないですが、初歩的な自衛としてURLを簡単に押さないようにしましょう。

また、Voicyでaki社長が自衛のポイントを述べていました。(無料で聴けます♪)

  • フリーWi-Fiを使わない。
  • ハッキングについて勉強する。
  • 英語を読まずにポチポチしない。

ということでした。詳しくはVoicyを聴いてみてください。無料で聴けますので♪

こららの自衛を踏まえた上でも詐欺やハッキングの油断はできません。そこでハードウォレットの登場です。オススメなのが「Ledger Nano S Plus

スポンサーリンク

ハードウォレットでハッキング対策

ハードウォレット「Ledger Nano S Plus」の写真

ということでボクも「Ledger Nano S Plus」というハードウォレットを購入しました。

正規で購入しないとウイルスが入っている可能性があるということで、公式サイトから購入。本社がフランス?にあるので注文して届くまで約3週間、、、長かった。ようやくかといった感じですw

ハードウォレットとは

アグーぶたくん
アグーぶたくん

そもそもハードウォレットって何なの?

という事なんですが、雑に説明すると......

ハードウォレットとは

金庫に資産を入れておくようなもの。

ざっくりと「金庫」だと思ってもらえばOKです。

基本的には、MetaMaskに暗号資産やNFTを保管してますよね。それだとズボンのポケットに入れているようなものなので、危なっかしいです。

さすがにズボンのポケットは言い過ぎかもしれませんが、そのくらいの感覚でいた方が自衛として良いかもしれません。

ハッキングの被害額

先ほど挙げたハッキング被害は、人気NFT「Neo Tokyo Punk(NTP)」の作品が5つ流出したとおっしゃっていましたね、、、

Neo Tkyo PunkのNFTコレクションの画像

2022/06/15現在のNTPは一番安くて0.39ETH(約6万円、現在のレート)ですので、それが5つとなると最低でも約30万円が失われたことになります.....

NTPさんのコレクションの価値がさら上がる可能性もあるので、被害額は30万円以上ともいえます。

さらに、プロジェクトによってはコミュニティの会員証のような役割も果たすので、金額以上の損失と捉えることもできます.....

クイナ
クイナ

ハッキングの恐ろしさを実感...

はじめは「自分は大丈夫だろう。」なんて甘い考えをしていましたが、ハッキング被害を目の当たりにすると他人事として考えるのをやめました。

そこでハードウォレットの購入に乗り出します。

Ledger Nano S Plusの設定

Ledger Nano S Plusの写真

公式サイトから注文をして約3週間。おそい!w

外国からの発送なのでしかたなしですが、購入すると決めいている人は早めの注文をおすすめします.....

フランスからの発送ですね。ボクもハードウォレットが届いたときは「何買ったのあんた⁉︎外国からって怪しいんだけど!」と家族に言われましたw

Ledgerの公式サイトで言語変更可能

サイトでは、右上の言語設定で「日本語」に変更できるので便利です。

Ledger公式サイトより
Ledger Nano X:23937円
Ledger Nano S Plus:11549円
出典元:Ledger公式サイト
  • Ledger Nano X→23937円
  • Ledger Nano S Plus→11549円

容量が大きいXもあるのですが、容量や値段的にもS Plusで十分かと思います。

初期設定の方法

ここから、実際に使ってみた様子を共有していきますので、一つでも参考になれば幸いです。

初めにLedgerアプリをダウンロードします。ダウンロードのページはこちら

ボクはMacBook Airを使っているので「デスクトップアプリ→Mac OS」のアプリをダウンロードしました。

アプリを起動して「はじめに」を押します。

アプリのダウンロードが終わりましたら、さっそく起動させていきましょう♪

利用規約とプライバシーポリシーを読んでチェックを付けます。そして「アプリを開く」を押します。

サーブス利用規約とプライバシーポリシーを確認してチェックを入れたら「Ledgerアプリを開く」

買った製品を選びます。ボクはNano S plusを買ったのでそちらを選んでいきます。

ボクはNano S Plusを買ったので真ん中を選択。

「初めてお使いですか?」を選択する。

初めての使うので一番上を選択。

暗号資産の秘密鍵の説明です。

説明のページになるので読みながら進めてみてください。

ここからはデバイス本体も触りながら進めていきます。

  • 余裕を持って作業できるよう、30分ほど時間を確保しましょう。
  • ペンを用意してください。
  • 作業は1人りで、安全かつ静かな場所で行ってください。

このように記載されています。

作業は注意しながら指示に通りに進めてください。

アプリの指示通りに進めないとミスをしてしまうので、ゆっくり慎重にやってみてください。

PINコードを入力していきます。

デバイスを起動させたときに設定した4〜8桁のPINコードを入力していきます。

※ボクはアプリをダウンロードしてる間にデバイスを適当に触っていて、先にPINコードの設定をしてました(^^;;

24個の英単語が組み合わさったリカバリーフレーズが出てきますので、メモの準備をしてください。
デバイスを見ながら24つの英単語をメモしていきます。

リカバリーフレーズの確認になります。絶対に紛失しないようにメモをとりましょう。

付属のメモ用紙

ボクは付属のメモ用紙に書き留めました。万が一紛失してしまったときのために、手帳にも書いておきました。

デバイスを見ながら24個のフレーズを間違えないように記入してくださいね。

リカバリーフレーズの保管方法
絶対にコンピューターやスマートフォンなどのデバイス上に入力しないでください。写真に撮らないでください。
絶対に24単語を誰かと共有しないでください。
必ず他の人に見られない安全な場所に保管してください。
Ledgerがリカバリーフレーズを尋ねることは絶対にありません。
他人、もしくは何らかのアプリケーションがリカバリーフレーズを要求してきた場合、それは詐欺です!
  • 絶対にコンピューターやスマートフォンなどのデバイス上に入力しないでください。写真に撮らないでください。
  • 絶対に24単語を誰かと共有しないでください。
  • 必ず他の人に見られない安全な場所に保管してください。
  • Ledgerがリカバリーフレーズを尋ねることは絶対にありません。
  • 他人、もしくは何らかのアプリケーションがリカバリーフレーズを要求してきた場合、それは詐欺です!
クイナ
クイナ

単語の間違いがないかもう一度確認しましょう!

暗号資産についてのクイズがありました。

その後は、暗号資産についてのクイズがありました。

不合格になってしまう。

そしてクイズに不合格してしまうwww

正規品チェック

ほかにも正規品チェックがありました。

両方のボタンを押します。

両方のボタンを押して正規品かどうか確認していきます。

正規品であることが確認できました。

これで設定は完了です。

お疲れ様でした〜

イーサリアムアドレスを入手する

設定が終わったのでハードウォレットのイーサリアムアドレスをインストールしていきます。

イーサリアムをインストールします。

アプリカタログからEthereum(ETH)をインストールします。

デバイスで両方のボタンを押します。

⬆︎この画面が出ますのでデバイスのバタンを押します。

これでインストール完了です。

ハードウォレットのイーサリアムアドレス

試しに「受け取る」を押して進めてみてください。ハードウォレットのイーサリアムのアドレスが表示されますので♪

MetaMaskにハードウォレットを接続

イーサリアムアドレスが入手できたので、こちらのアドレス宛にNFTを送ればいいのですが、ボクはその前にMetaMaskと接続させてみました。

これは必要な設定ではありませんが、どんな感じになるか繋げてみました。

MetaMaskを開き、丸いアイコンを押します。

MetaMaskを開き、右上にある丸いアイコンを押します。

「ハードウォレットの接続」をクリック。

「ハードウォレットの接続」が出てくるのでそちらをクリック。

Ledgerを選択

Ledgerを選択。

その後は、デバイスの接続アドレスの選択をしました。それがうまくいくと接続完了です。

⬆︎MetaMaskに表示されていますね♪

NFTをハードウォレットに移動される

実際にNFTをハードウォレットに移していきたいと思います。OpenSeaから移動させてみました。

大人気のNFT『CryptoNinja Partners(CNP)』のナルカミを移動させてみます!

右上にある紙飛行機のようなマークを押します。Transferボタンですね。

移動させたいアドレスの入力です。ここでは絶対に間違えないようにコピペしてください。

MetaMaskに表示されているイーサリアムアドレスをコピーする

MetaMaskに接続した方は、こちらからコピーするのもいいですし、

ハードウォレットのイーサリアムアドレス

Ledgerアプリの「受け取る」を表示させてからコピーする方法もいいですね。

ボクが移動させるときは、ガス代は約300円でした。

今回送ろうとしているNFTは、2022/06/15現在だと、最安値で0.2ETH(約3万円)の価値があるので、もしハッキングされた場合のことを考えると、300円のガス代なんて大したことないですね。

transferが完了しました。

⬆︎無事移動させることができました。

OpenSeaのコレクションで見てみると、無事到着しているのがわかります♪

ただし、あくまで金庫的な役割なので、秘密鍵の情報が漏れないように注意ですね。

みなさんもぜひ移動させてみてください〜

Ledger Nano S Pulsが壊れてしまったら?

アグーぶたくん
アグーぶたくん

もしデバイスが壊れたどうなるの⁉︎

もし壊れたらどうなるの⁉︎と不安になりますよね。

でも安心してください。

秘密鍵のメモを保管していれば問題ありません。秘密鍵を入力すれば引き継ぎができるようになっていますので、また新しいデバイスを購入すればOK。

USBメモリのような感覚でいるかもしれませんが、ハードウォレットの中にNFTや暗号資産が入っているわけではなく、それらを動かす権限が保管されているだけなので。

ハードウォレットの故障より怖いのは、秘密鍵を紛失・流出させしまうことなので、みなさんも一緒に気をつけましょう。

まとめ

さいごにまとめです。

  • むやみにURLを押さない
  • ハードウォレットは金庫の役割
  • Ledger Nano S Pulsがおすすめ
  • 秘密鍵の管理を徹底する

被害を防ぐために、とことん自衛をしていきましょう。送料も合わせると、たしか約1万3000円?と高い気がしますが、もし被害にあった場合、どのくらいの損失になりますか。

損失額で見るとハードウォレットの金額なんて大したことないと思います。

しかし、とにかく到着までが遅い!!!w

ハードウォレットが到着するまで、ハッキングには全力で気をつけてくださいね。

コメント