内向的な人は刺激の感度が高いのでメンタルケアは大切だよね

メンタルケアを怠らない! 生き方
この記事は約7分で読めます。

内向的な人は外向的な人に比べて刺激の感度が高いです。

クイナ
クイナ

重く受け止めてしまう。

刺激というのは、わかりやすく挙げてみると、

  • SNSの悪口
  • 批判的な意見

手軽にコメントを書き込めるSNSがストレスの要因だったりしますよね。ネガティブなコメントもすぐ目についてしまいますので。

「内向的な人はうちに秘めた力を発信しろー!」なんて記事も書きましたが、メンタルケアをしていかないと続かないので発信+メンタルケア!

関連記事≫内向的な性格にも良い面があるけど、外向的な振る舞いも必要になる。

外向的な性格だと刺激の感度が低いようなのでサラッと流してしまうことでも、内向的な人にはそううまくいきません。

じゃあどんなメンタルケアが必要なのか一緒に見ていきましょう。

スポンサーリンク

散歩

超シンプルです!歩くだけ!笑

クイナ
クイナ

散歩って気持ちいい♪

冗談で言ってるわけではなくて、様々な方面からも「散歩はいいよ」と聞きますよね。朝散歩がいいなんてことも聞きますし、私は夕方散歩が好きで歩いています。

○15分〜30分間(距離にして1〜2kmくらい?)をのんびり歩いてみてください。

少し汗をかく程度で十分ではないでしょうか。音楽を聴きながらでもいいですし、街の音や自然の音、動物の声に耳を澄ませながら。

内向的な性格だと、一日中家の中にいても苦じゃないですよね。(私もその一人。)

でも、太陽の光を少し浴びることで体もリフレッシュできるので、散歩は一番のおすすめです。

軽く筋トレ

続いては、軽い筋トレですね。筋トレというとハードルが高いように感じる人もいるかもしれませんが、そんなことはありません。

クイナ
クイナ

軽く体動かすかぁ!

「軽く体を動かそう」くらいの感覚でOK。その場で10〜15回スクワットをしてみたり、ラジオ体操のように腕を大きく回してみたり。

背中の肩甲骨をまわすと気持ちいいですよ♪

こちらのストレッチは約7分ありますが、1分間するだけでも全然変わりますので。

あとは、腕立て伏せもいいですね。筋トレの習慣がないよーという人は、プッシュアップバーがあるだけでも運動の意識が変わったりします!

道具なしでも筋トレは十分可能なので、この記事を読み終えたら、少しだけでもスクワットしてみましょう。HIITという運動も最近は流行っていますよね。運動習慣が身に付いてきたらやってみるといいかもしれません。

睡眠

誰もが知っている大切なことですね。

クイナ
クイナ

7時間は確実に寝たいね♪

人それぞれで最適な睡眠時間は異なるので一概には言えないですが、7時間以上はとりたいところです。

○最近はどのくらい寝れていますか?

何かに熱中しちゃって夜更かししてしまうこともありますよね。私も絵描きの練習中でして、気づけば夜中2時⁉️なんてことがありました。笑

関連記事≫スマホ依存やネット中毒を解消する方法【行動アーキテクチャ】

⬆︎また、寝る前にはスマホをいじってしまうので、触らない習慣も身につけるように努力しています。

私の実践としては『寝室に入るときはスマホは持ち込まない』です。

クイナ
クイナ

物理的に触れない状況をつくる!

「めざましタイマーをかけてるから、スマホは近くに置いておかないと…。」なんて人が多いですよね。それでも私はスマホは物理的に遠ざけるようにしてみました。タイマーは別で用意する形で。

触らないと心で決めても、頭の近くに置いてると、どうしても触っちゃうので。笑

睡眠の質を高めるためにも、遅くて寝る1時間前にはスマホはとなりの部屋に遠ざけています。そして、寝る前は読書ですね。

まとめ

メンタルケアのための3つをおさらいです。

  • 散歩
  • 筋トレ
  • 睡眠

散歩は今からでもすぐに始められるので、家のまわりをぐるっとまわるだけでもしてみてくださいね。

また、昼寝もしてみるといいです。昼寝の重要性が研究で明らかになっているので、職場でも昼寝が当たり前の時代がきてもおかしくないのになぁなんて思っています。

まずは自分が始められそうなものからチャレンジしてみてください。そしてメンタルケアをしつつ、自分の持つ力を発信していきましょう!

コメント