【人生が変わる】恋愛力を上げるために読むおすすめの本3選。

読書
この記事は約13分で読めます。

こんにちは。クイナです。

占いになんか頼らず、自分の中に秘めている「恋愛力」を高める本3冊をご紹介していきます!

ここで紹介する恋愛力は、テクニックでも何でもありません。自分の中に眠っている力を引き出していくものです!

容姿がよくて超絶モテる人なら話は別ですよ。もう立っているだけで魅力的なのですから。(笑)
そんなステキな人たちに負けず劣らず、競うための力を目覚めさせましょう!

スポンサーリンク

自分磨きをするために読むオススメの本

水野敬也さんの著書『運命の恋をかなえるスタンダール』文響社(2017)

大人気「夢をかなえるゾウ」の作者です!
表紙にあるキャッチフレーズ

恋愛経験ゼロ・三十路の文学女子が出会ったのは、「恋愛論」を書いた文豪・スタンダールだった・・・。

30代の女性が恋愛に奮起する小説です。

恋愛+ユーモアが学べる

⬆一言で表すとこうなります。

小説なのですが、ストーリーを通して、自分を磨くためのノウハウが詰まっているところがおすすめポイントです

アグーぶたくん
アグーぶたくん

女性視点のストーリーだから、男性には向いてないのかな。

クイナ
クイナ

男性にも応用できるよ!

特に女性にオススメですが、いくつか出てくる『自分磨きの方法』は男性でも有効です!
また、主人公の女性が一目惚れをする男性の行動をマネてみるのもアリですね♪

本のタイトルにもある「スタンダール」は、昔のフランス人作家です。代表作は『恋愛論』です。

主人公の女性に様々なアドバイスをして恋愛力を高めてくれるのがこのスタンダールです。ためにもなるし、話もおもしろい!飽きずに読み進めていけますよ♪

行動に移せないときに読むオススメの本

森絵都さんの著書『カラフル』文藝春秋(2007)

紹介するまでもないほどの人気作です!
実写映画やアニメ映画にもなっている小説です。

行動する勇気が出る

この本では、行動することの大切さを教えてくれます。

恋愛は行動力も必要ですよね。自分から動かないと始まらないこともある。そんなときに、背中を押してくれるのがこの作品です。

クイナ
クイナ

人生の教訓にもなる(泣)

恋愛だけでなく、人生の教訓にもなります。

『カラフル』は初版発行が1998年。
その当時の「人の悩み」を描写しているところもあると思いますが、今も昔も人の悩みは変わらないなぁと気づかせてくれます。

それと同時に「今悩んでいることなんて、大したことないな」と思えますよ♪

選択肢を広げたいときに読むオススメの本

住野よるさんの著書『また、同じ夢を見ていた』双葉社(2016)

⬆『君の膵臓をたべたい』の作者、住野よるさんの小説です。

人生には、様々な選択肢があることに気づく

選択肢が広がるということは、視野も広くなり、手段が増えるということですね。
難しい言葉で表すと、自分を俯瞰ふかんする力が身につく。

恋愛において、一つの手段しかないと成功の確率は低いまま。しかし、いくつかの手段を持っていれば、確率がグッとアップです!

クイナ
クイナ

本書は具体的な手段を教えてくれるわけではないよ!

アグーぶたくん
アグーぶたくん

え? どういうこと?

クイナ
クイナ

『選択肢は一つではない』と教えてくれるんだ。

要するに、

⬆ズバリ、こういうことです。
恋愛をするにあたって、様々なアプローチ仕方が思い浮かんだり、極端な話をすると『その恋愛を諦める』選択が見えるかもしれませんね。

恋愛力をどれだけ高めても、叶わないことだってあります。視野の狭くなった、そんな自分を変えてくれるキッカケになる本です。

まとめ

恋愛力を高める3冊の本をご紹介しました。
すべての人が絶対に高められる! とは限りません。恋愛の力をつけるために、少しでもためになればと思っています。

紹介したのは自己啓発書ではなく、小説です。フィクションで架空の人物かもしれませんが、

先人の知恵をお借りする。

⬆これに尽きます。

小説のストーリーを楽しみながら、学べるところはどんどん吸収していきましょう♪

クイナ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
読書
スポンサーリンク
\シェアする/
\Follow me/
kuinablog

コメント