OpenSeaでNFT(Polygon版)を買う方法【簡単解説】

OpenSeaでNFTを買う方法(Polygon版) NFT
この記事は約4分で読めます。
ジンベエザメくん
ジンベエザメくん

よし!

Polygonで出品されているNFTを買うぞ!

でもどうやって買うの…?

⬆︎その悩みを3分で解消していきましょう!(3分は言い過ぎたかもしません。笑)

画像付きでわかりやすく説明しているのでサクッ理解できます。Polygonはマークが紫色をしているので、紫ETHとも言われたりしますね。

NFTを買う準備がまだの方はこちら⬇︎

スポンサーリンク

NFTの買い方(Polygon版)

実際に、私の好きなクリエイターのASUKAさんTwitter)の作品を買いたいと思います♪ASUKAさんの作品➡︎(OpenSea)

その前にPolygonの確認です⬇︎

Polygonはマークが紫色で『ETH on Polygon』となっていますね。

Polygonでは、出品者が販売数を選べるので、商品によっては『×○○』と購入できる個数が表示されていることもあります。

クイナ
クイナ

じゃあさっそく買ってみよう〜!

そのまま『Buy now』を押して購入に進めるのですが…

その前に黒ETHから紫ETH(Polygon)にブリッジ(交換)していきましょう。

理由としては、今後もPolygonの商品を買うことがあると思いますので、少し多めに紫ETHにブリッジしてた方がガス代(ネットワーク手数料)を抑えられるからです。

例えば、ATMで3万円を降ろしたいとします。降ろすには手数料が250円かかります。

  • まとめて3万円降ろして手数料250円で済ませる。
  • 1万円ずつ降ろして手数料750円を取られる。

⬆︎どちらがいいのか明白ですよね。それと同じようにPolygonの商品を買う前はまとめてブリッジしておきましょう♪

ではさっそくやっていきましょう。

OpenSeaの右上にある①財布マークを押し、②『・・・』を押します。

(私はすでに黒ETHから紫ETHにブリッジしているので表示されていますが、まだの人は黒ETHしか表示されていないと思います。)

次に『Bridge to Polygon』を押していきます。

次に金額を入力していきます。私は仮に0.05と入力していますが、金額はご自身の判断で入力してみてください♪

金額の入力を終えたら『Convert tokens』を押します。

MetaMaskが開き、ガス代(ネットワーク手数料)込みの金額が表示されます。※ガス代はそのときによって変動します。

『確認』を押すと、『Transcation conplete』という画面が出てくるとかと思います♪

ブリッジが完了するとこちらに紫ETH(Poygon)が表示されるのですが、ブリッジが完了してから少し時間がかかります!

私がブリッジをしたときは、表示されるまでに約10分程度かかっていました。表示されないからといって心配しないでくさいね♪

紫ETHが表示されましたら、さっそくNFTを買っていきましょう!

ではASUKAさん(Twitter)の作品を購入していきます♪
ASUKAさの作品はこちらから➡︎(OpenSea)

ちなみに、ASUKAさんの作品を買うのは2回目になります!

クイナ
クイナ

好きなクリエイターさんの作品を買うのはワクワクしますね♪

次にこのような画面が出てきますので、左下にチェックを入れます。

『Checkout』を押していきます。

イーサリアムネットワークで繋いでいた人はこのように切り替えの案内があるので『ネットワークを切り替える』を押していきます。

メッセージの右下にある『↓』を押した後に『署名』を押していきます。

StatusがCompleteになると購入完了です〜!

クイナ
クイナ

無事ゲットできました♪♪

オーナーも自分になっています!

これで購入の流れは以上になります。好きなクリエイターさんの作品を見つけて買ってみてください♪

コメント