小説を読むと頭が良くなる。脳を鍛えよう!

小説を読むと頭が良くなる 読書
この記事は約3分で読めます。

『小説を読むと頭が良くなる』についてお話してきます。

結論

内容が難しい小説を読むことで頭が良くなる!

おもしろいですよね。普通の小説ではなく難解なものを読むことで頭が良くなるんだそうです。
ブリティッシュコロンビア大学の研究を参考

クイナ
クイナ

なんだこの物語は。ワケがわからん…

⬆このようにワケがわからなくて頭を使う物語だとGOOD!

ではなぜ、小説を読むと頭が良くなるのか詳しく見ていきましょう!

関連記事≫小説を読む人はコミュニケーション力が高い!?

スポンサーリンク

難しい小説を読んで頭を良くする

考えながら読書をする男性

ではなぜ難しい小説を読むと頭が良くなるのか。研究者によると『Exposure to Meaning Threats』←これがポイントらしい…。

アグーぶたくん
アグーぶたくん

なんじゃそりゃ(笑)

クイナ
クイナ

まったくわかりません…(笑)

ワケがわからないですよね。(笑)
直訳してみると『意味のある脅威への暴露ばくろとなります。

さらに言い換えると『意味がわからないものにさらされる』
どうでしょう、ピンと来たましたか。

要するに「難解な小説を読んで頭を悩ませろ!」ということになります。

  1. 意味がわからない小説を読む
  2. 脳がフル回転して理解しようとする
  3. 脳機能が上がる

⬆このような流れです。シンプルですよね。

脳も筋トレと同じで鍛えよう

トレーニングをする男女

筋肉モリモリになるためにはトレーニンクが必要です。「難解な小説を読む」ことで脳の筋トレをしていると考えればいいです。

例えば、

難解な小説を読んでいる時の脳
  • 「時間軸はどうなっているんだ?」
  • 「世界線がごちゃ混ぜでわからん。」
  • 「次の展開がまったく読めんぞ。」

⬆難解な小説を読んでいるときの思考をざっくりと出してみました。このつまずきこそが脳にとってトレーニングになるらしい!

◎難しい小説を読んでいるときの自分を想像してみてください。

思考がフル回転になっていませんか? この状態のときに脳が活性化して創造性も上がるんだそうです。

ストーリーが理解できないとめくる手が止まったり読み返したりしますよね。「意味がわからない! これはどういうことだ⁉」という感じで。

あらゆる視点から物語を理解しようとするのでその結果頭が良くなるのだとか。研究結果によると、テストの正確性も上がってたそうです!

とはいえ、難しすぎる小説だと心が折れちゃいますよね。

クイナ
クイナ

自分には早すぎた小説だ…

難しすぎると読む気が失せるので読書の忍耐も必要に。

さいごに、精神科医の樺沢紫苑さんのショート動画も参考に載せておきます。「ただ読むだけでなくアウトプットもしろー!」とおっしゃっていますね。

小説を読んでも脳トレにはならない!【精神科医・樺沢紫苑】#shorts
【チャンネル登録をお願いします】【全動画プレゼント】YouTube「樺チャンネル」の全動画3313本のリストをプレゼント中。今すぐダウンロードしてください。 http...

まとめ

『小説を読むと頭が良くなる』というテーマでした。

難しい小説を読んで頭を悩ませる!

難しい小説を読むのは根気強さが必要ですが、読み進められるとおもしろいですし、頭を鍛えることもできるので一石二鳥ですね。

コメント