1日の隙間時間に読書をおすすめする理由。

スキマ時間の活用術 読書
時間の活用術
この記事は約6分で読めます。

こんにちは。クイナです。

1日の中でどのくらいスキマ時間がありますか?
例えば、

  • 朝のしたくがいつもより15分早く終わった。
  • (社会人なら)次の打ち合わせまで20分ある。
  • (学生なら)授業が始まるまで20分ある。
  • 寝る前のスマホを見る時間。(30分)

⬆どうでしょうか。
まず、自分の1日の生活を思い返してみてください。少なからずスキマ時間がありますよね。

スマホを見る時間をスキマ時間と捉えたのは、ダラダラとSNSを眺めているところを想定しています(笑)

毎分毎分予定が詰まっている人なんて稀だと思います(笑)
どこぞの社長なんだ!?って思いますね(笑)

アグーぶたくん
アグーぶたくん

そのようなスキマ時間はないよ!

と思う方は、日常の中で意識して探してみてください!
意外と見つかったりしますよ♪

ではさっそく本題に入ります。

30分以内のスキマ時間に読書をおすすめします!

読書って休日のゆっくりとした時間にするイメージがありますよね。
私も休日の読書は最高に好きです。読書をするには最適なシチュエーションです♪

ではなぜ、スキマ時間の読書をおすすめするのかを解説していきます。

スポンサーリンク

人は30分以内にすごい集中力を生み出す。

何か作業をするときに、人は30分以内はすごい集中力を発揮するんです。

  • 「今やっても時間がないから後でしよう」
  • 「たった15分では足りないな」

⬆このような時ってありませんか?
時間があるときに一気に終わらせたいと思うことってありますよね。

それも別に悪くないのですが、時間があると逆に集中力が途切れて効率が悪くなってしまうことがあります。

例えば、一つのタスクをしなければならないとしましょう。

  • 社会人なら打ち合わせ資料をつくる。
  • 学生ならレポートをつくる。

⬆簡単な例を出しました。何でもいいです。

そして、そのタスクを仕上げるために2時間分の余裕があるとしましょう。
では、時間を下記のように設定します。

  • 2時間ぶっ通しでやる。
  • 30分の細切れで行う。

さあ、どちらが効率よく終わらせられると思いますか?難しい要素はナシにして、集中力の問題だけで考えてみましょう。

答えは⬇
30分の細切れで行う。です。

中には、ぶっ通しでやるほうがいい人もいるでしょう。しかし、ほとんどの人は後者に当てはまります。

それを裏付けるのがこちら⬇

クラスタリング
『限られた空間や時間を、最大限有効に使うためには、少数の大きな塊を詰め込もうとするよりも、小さなかけらをたくさん詰める努力をした方がよい』

坂本健『実践! タイムマネジメント研修: より少ない時間で、より高い成果を出すために 実践シリーズ』株式会社ポテンシャルディスカバリー・コンサルティング(2015)

⬆坂本健さんの著書でこのように述べられています。
まとまった時間でするのではなく、細分化して行ったほうが効率が良いそうです。

締め切り間近の提出物を思い出してください

本当に限られた時間にババっと仕上げて提出に間に合った経験があると思います。

その時は、まわりの声が聞こえないくらい集中してますよね。それを日常でも作り出せるんです!

ぜひ、日常の中でスキマ時間を利用して集中タイムを活用しましょう♪

集中した時間に読書をして、インプットからアウトプットまで

人は30分の間にすごい集中力を発揮します。
その細切れとした時間に仕事をしたり宿題をしたりするのもいいでしょう。

では、この集中タイムに読書をするとどうなるのか?
私の体験談をお話すると、読むスピード上がる!!!

何をお伝えしたいかと言うと、

読むスピードが上がる。

短時間でインプットする量が増える。

余った時間にアウトプットすることができる。

この流れの完成です。

読んで終わりではなく、アウトプットすることで、より読書の力を発揮できるんです。

読み終わって「楽しかった、ためになった。」で終わるのもその人の読み方でしょう。しかし、私はアウトプットもセットで読書をするようにしています。

読書をして得た知識を活用したり、アウトプットせずいると、だいたい忘れてしまうんですよね。
でも、アウトプットを取り入れると、より頭に定着して読書の面白さが出てきます。

また、アウトプットをすると、ほかの誰かの反応があったりします。

ある本についての情報を発信すると、自分が解釈したことと違う意見が聞けたり、様々な方向からの声が聞けます。

⬆これは非常に面白いと思っています。
違った視点から物事をみる力も身につくので視野が広がります。

たった15分、たった30分は考えると、大した時間にはならないかもしれません。
しかし、一週間、一ヶ月、一年に換算すると、ものすごい時間を生み出すことができます♪

目に見えて実感できることではないので、スキマ時間を活用して継続していくのは難しいかもですが、継続は力なりです。

まとめ

  • 30分以内の集中力がすごい。
  • 集中した時間に読書をすると読むスピードアップ➡インプット量も増える。
  • アウトプットまでがセットで読書の力を最大限に引き出す。

⬆まとめるとこのようになりますね。

SNSを見ている時間を有効活用する

1日の中で、SNSを見て暇つぶしをする30分ってありませんか?

私は、朝の準備が早く終わって余裕ができたときに、スマホのタイマーを15分にセットして読書をしています。

結果からお話すると、その15分はほんの一瞬です。もう15分経ったの!?という感覚です。

遊んでいるときや何か楽しいことをしていると時間が過ぎるのが早く感じますよね。
その感じ方と似ています。集中していてあっという間に時間が来ちゃうんです。

しかも、ダラダラしながら読む15分よりも、はるかに読むスピードは早くインプットの質もいい

これを一度体験するだけで、スキマ時間の使い方が激変しますよ♪

ぜひやってみてください!

クイナ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
読書
スポンサーリンク
\シェアする/
\Follow me/
kuinablog

コメント