謙虚の本質は「寛容」!? 意識するだけで変わります。 

生き方
この記事は約8分で読めます。

こんにちは。クイナです。

謙虚でいる人ってステキですよね。
紳士的というか豊かな人間性というか♪

海外に比べて日本人は謙虚な人が多いというイメージがあります。

簡単に言うと、出しゃばらず姿勢を低くするような感じ。

私も何となくですが、

クイナ
クイナ

謙虚でいよう!

と日々心がけています。

ただ、謙虚すぎる弊害もありますよね。
それについては、こちらの記事でまとめていますのでぜひどうぞ♪

そもそも「謙虚」の意味は何なのか。

控え目で、つつましいこと。へりくだって、すなおに相手の意見などを受け入れること。また、そのさま。「謙虚な態度」「謙虚に反省する」

引用:goo国語辞書

⬆ここで注目したいのが『すなおに相手の意見などを受け入れる』です。

日本人は謙虚だ! と言いつつも、

  • 控え目に。
  • へりくだって

この2つが目立っているように感じます。

私の経験上、
『相手の意見を受け入れる
これがあまり素直になれてないなぁと感じます。

受け入れるというよりは、

アグーぶたくん
アグーぶたくん

トゲが立つから控え目で。

シーサーくん
シーサーくん

ペコペコしてこの場を無難ぶなんに乗り切ろう。

⬆私の日本人のイメージはこれです。(笑)
少しでも共感できるところがあるのではないでしょうか。共感した人は同志ですね(笑)

では、謙虚の本質って何なのかについてまとめていきます。

スポンサーリンク

謙虚の本質は『寛容』であること!

結論、謙虚の本質は『寛容(かんよう)』です。

寛容と聞いてみなさんはどうイメージしますか?

  • 優しい。
  • おだやか。
  • 人当たりがいい。

パッと思いつくものを挙げてみました。

ここで疑問として出てくるのが、
『どうして謙虚の本質が寛容なのか』

まずは寛容の意味を確認してみましょう。

心が広くて、よく人の言動を受け入れること。他の罪や欠点などをきびしく責めないこと。また、そのさま。「寛容の精神をもって当たる」「寛容な態度をとる」「多少の欠点は寛容する」

引用:goo国語辞書

⬆どうでしょうか。謙虚の意味と似ていますよね。
『よく人の言動を受け入れること』これに尽きるなぁという感じ。

ここで日本人の謙虚を思い出しましょう。

アグーぶたくん
アグーぶたくん

トゲが立つから控え目で。

シーサーくん
シーサーくん

ペコペコしてこの場を無難ぶなんに乗り切ろう。

⬆この2つは聞き手の様子を表していますよね。

やはり、謙虚というよりは自分の気持ちを抑えすぎな気がします。

『出る杭は打たれる』が染み付いている感じです。だから表だけの謙虚になってしまうと思うんですよね。

では、その場の話し手周囲の人はどうでしょう。

  • 話し手は、とりあえず報告という形をとればオッケー。
  • 周囲の人は、先ほどの聞き手と同じで『出る杭は打たれる』を恐れる。

要するに、聞き手も話し手も他者の考えを受け入れる前提がない。
⬆こういうことかもしれません。

「ちょっと待った、そんなことないでしょ?」

という気持ちもわかります。

でもやっぱり、まわりに従うという同調圧力が刷り込まれています。そのせいで『寛容さ』が抜け落ちているように思います。

もちろん日本人すべてがそうだと言っているわけではありません。優秀な人が集まるところでは活発なコミュニケーションが行われていることでしょう。

謙虚や寛容を持ち合わせる人の特徴

謙虚や寛容を仙人のごとく発揮している人は、心にゆとりのある人だと思っています。

みなさんも想像してみてください。

本当に忙しい毎日で休むひまもないときって120%イライラしてますよね。(笑)

私も仕事に追われているときは、一つひとつの言動にイライラしたりします。寛容のかけらもありません。心にゆとりがないときの自分恐るべし。

日本人の特徴として、何か尋ねると「ググれ」と言われます。

まさにその通り。自分もそう思ってしまうことはあります。相手の時間を奪う行為だから、まずは自分で調べろということなんですよね。

それは本当に理解できます。時間は有限で時は金なり。相手のお金を奪うことと同じ。

とは言いつつも、それって冷たくないですか?(笑)

百歩譲ってもやっぱり冷たいなぁ。心にゆとりのない人がする発言でもあると思います。

ゆとりがあるなら自分の時間を使ってでも相手に伝えようとするはず。

クイナ
クイナ

忙しすぎるニッポン。

もっと優しくなれないものか。(笑)

⬇そんなときに出会った本がこちら。

哲学と聞いて難しく感じる人もいるかと思いますが、そんなことはありません。

著者の小熊弥生さんは、ノーベル賞を受賞する人たちの同時通訳もしてきたプロです。

本の内容としては、小熊さんが間近で見てきたノーベル賞受賞者世界を魅了する人たちの姿を描いた作品です。

私のような凡人では絶対に接することのできない人たちのことが記されています。

そういう偉大な人たちは自分のこともちゃんと愛していて、心にゆとりがある人が多いそうです。

私がこの本から導き出した答えは、

心にゆとりを持つためには、勉強や研究をして豊かな知識を得ること!

⬆これだと思います。

ノーベル賞を取るためには、私たちの想像のつかない勉強や研究をされていますよね。世界を魅了する人たちも、魅了するためのものを作るために、かなりの時間を研究に費やしているとことでしょう。

勉強,研究

日本人の勉強時間に驚きました。

ちなみに、私たち日本人の平均勉強時間を知っていますか?
なんと6分だそうです。この数字を見て驚きました。

クイナ
クイナ

6分!? 短すぎる。

忙しすぎて勉強する時間がないのでしょうか。様々な要因があると思うのですが、どうしてここまで勉強ないんでしょう。

まずは何か学んでみたいことを探して勉強をすると、真の謙虚さに近づけるはずです。ほかにも、本書の中では、

質問されたときの受け答えにしても、ノーベル賞を受賞するような人は、こちらの想像を超えるようなレベルで温厚です。

小熊弥生『世界一100人を同時通訳してわかった 「最速」で結果を出す人の成功哲学』光文社(2020)

⬆小熊さんはこのように述べています。成功者はとても温厚みたいですね。
優れた知識を持っている人は、それだけ寛容にもなれるということの証明です。

アグーぶたくん
アグーぶたくん

じゃあ何を学べばいいんだろう。

と思う人は、自分の興味のある分野から攻めてみてはどうでしょうか。

そうすると、これまで知らなかったことや興味のなかった分野まで手が伸びるになるかもしれません。

  • スポーツが好きなら、それについて勉強をするもよし。
  • 料理が好きならさらに追究。
  • 健康について知りたいならとことん調べてみる。

⬆勉強や学びなんて何でも良いと思います。投げやりになりますが、とりあえず勉強してみましょう!

最後におすすめの動画をご紹介

豊富な知識を持っていてクイズ番組にも出演する、メイプル超合金のカズレーザーさんのYouTubeです。

頭の良い人の考えは聞いていて楽しいです。カズレーザーさんの受け答えもステキで、真の謙虚があふれ出しているようです。

まとめ

本記事をまとめると、

  • 謙虚の本質は寛容
  • 寛容になれるには豊かな知識を持つこと。

⬆これを意識するだけでも自分が求める謙虚に近づいていくのではないでしょうか。

さすがにノーベル賞を受賞するようなレベルの勉強は難しいです。でも、少しずつ 少しずつ知識を蓄えていくことで、心にも余裕が出てくるのかと思います。

知らないことがあるときって本当に不安ですよね。そんな不安は自ら勉強し学ぶことで解消できます。学びは心のゆとりを生み出します。

私も含めて、まずは平均勉強時間の6分はクリアしましょう。そして、徐々に勉強する時間を増やすことができればいいですね。

クイナ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
生き方
スポンサーリンク
\シェアする/
\Follow me/
kuinablog

コメント