【Web3】金儲けをする組織は淘汰されていく

Web3で儲けてはいけない理由 NFT
この記事は約6分で読めます。

〜Web3で儲けてはいけない〜

Web3という言葉を聞いて難しく思うかもしれませんが、深く考えなくてOKです。

これからの時代、「儲けだけに走る組織はすぐに淘汰されるよね」という話で進めていきます。

Web2やWeb3の違いについて知りたい方はCrypto Boxさんの記事を読むと勉強できますよ♪

スポンサーリンク

儲けるだけではすぐに淘汰される

ではなぜ「儲けてはいけない」という話になるのか。

Web3の信者たちは「Web2.0 の時代は、全ての利益はGAFAに吸い取られてしまったけど、Web3の時代になれば消費者も利益を分かち合うことが出来る」と言いますが、その仕組みについてNFTを例にとって解説します。

Web2の時代は、どうしてもGoogleやamazon、Facebook、Appleの大企業のもとでしか生活が成り立たない状況ですよね、、、

「調べ物はGoogle検索、買い物はAmazonでネット注文」というように、日常生活には欠かせないツールとなっています。

そして個人の情報が蓄積されていき、その情報に基づくプラグラムのもと、あなたの欲を満たす広告が表示されていることにお気づきですか。

もちろん、それがすべて悪いわけでないですが、、、

その結果何が起こっているかと言うと⬇︎

GAFAの大企業の下でいかに稼ぐかを考えた結果が「ユーザーに課金させる仕組みをつくる」

何だか悲しいですよね。たしかに儲かるだろうけど、パチンコのような依存性もあるし、社会にとっての価値が薄いです。(ボクもソシャゲにハマり、そこそこの課金をしちゃってますw)

⬆︎このような稼ぎ方は、Web3時代においては「ダサい」と言われたりもするので、今はまだその考えが社会に浸透していないから続いてるものの、数年後には無くなっているでしょう。

ソシャゲの課金から考える

もう一度ソシャゲのガチャで考えてみてください。、ガチャでレアアイテムを当てたとして、それがソシャゲの枠を超えた価値はありますか。

ソシャゲをたくさんしているわけではないので詳しくは言えませんが、ボクの知る限りではゲーム内での価値しかありません。

しかも、ゲーム内のインフレ(次々にレアなアイテムが登場して以前当てたレアアイテムは使い物にならなくなること)が起きると、せっかくお金をかけて当てにいったアイテムは価値を失います。

ユーザーを飽きさせないための一つの方法でしょうけど、何か違和感を感じますよね。

この違和感に気づく人が増えてくると、お金をかけて入手したのに単発または短期間の価値で終わってしまうシステムは流行らなくなります。

NFT黎明期における組織の使命

Web3ではNFT(非代替性トークン)がみなさんの日常生活に浸透するのは確実です。

NFTについてざっくりと知りたい方はこちら

しかし、NFT黎明期では、Web2的な稼ぎ方をしているところが見られ、中島さんが警鐘を鳴らしています、、、

NFT市場における「分かち合う利益」の実態は、実は、この手の「先行者利益」であり、その原資は「インフルエンサーのポジショントークに影響されて後から参加した人たち」の財布から来ているのです。

もちろん組織を運営する上では資金調達も必要になるため、消費者を増やしていかないと発展しません。

そうは言いつつも、

中島さんはポンジスキームだ!と指摘していました。

たしかに、NFTには投資の側面もあるため、お金儲けのために動く人も少なくありません。しかし、これからさらにNFTを発展させていくには今の現状を変えていくことが求められます。

⬆︎今のNFTは先行者が利益を得ているだけだ!という主張もあります、、、

難しい問題ですね。

そんな中でも日本の経済を復活させるには、NFTの活用が重要だとも言われています。

日本の強みとして「漫画、アニメ、ゲーム」がありますよね。それを世界に発信するときが!!!

ここで「STARTUP DB」が発表した経済の世界時価総額ランキングTOP50を見てみましょう。

STARTUP DBが発表した警査剤の

日本がどれだけ経済成長できなかったかランキングを見るとわかります。

  • 1989年は32社がTOP50入り
  • 2022年はTOP50入りしたのは1社のみ

おい!日本どうしたwww

ユーザーに課金させて儲けてる場合じゃないぞw

約30年の間に何があったんでしょうか。。。

この状況を打破するのがNFTやメタバースの分野と言われています。「売って終わり」ではなく、売ったあとの付加価値が大切になんてくるんですよね。

その付加価値を考えていくのが、NFT黎明期における組織の使命ではないでしょうか。

まとめ

「Web3は儲けてはいけない」のまとめとしては、

儲けだを考えた組織は淘汰される

に行き着きます。

だれだって、儲け話だけを匂わせた組織に近づきたくないですよね。搾取されるのがオチなので、、、

ソシャゲのガチャについても挙げましたが、いくらお金を積んでレアアイテムを当てようが、価値は下がり使い物にならないパターンが多いですよね。

批判的に言っているので気持ちを悪くしていたらすみません。しかし、そういうお金儲けをする組織は本当に淘汰されていくでしょう。

Web3時代は売って終わりではなく、

  • 〇〇の特典がある
  • 〇〇に参加できる
  • 〇〇のツールとして使える

というユーティリティ(役に立つこと)が必要になるでしょう。しかも、それは一つの枠にとどまらずどこでも使えるイメージです。

まさに暗号資産(仮想通貨)がそれですよね。国によって違う通貨ではなく、世界共通の通貨になりつつあります。

今はまだ想像がつきませんが、これからの新しい社会が楽しみですね。

コメント